スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅新体制の発足に小沢前幹事長からの引き継ぎなし(スポーツ報知)

 菅直人代表(新首相、63)を選出した民主党の新執行部体制が7日、スタートした。この日午後、党役員を決める両院議員総会を憲政記念館で開催。幹事長に枝野幸男氏(46)を充てる人事が承認された。枝野氏は小沢一郎前幹事長(68)からの引き継ぎが済んでいないことを明かした上で、自身の「政治とカネ」のクリーンさなど、小沢氏との違いを強調。一方で小沢氏は両院議員総会に現れず、不気味な沈黙を守った。

 目の前に迫った参院選。小沢氏に代わり指揮を執る枝野氏だが、いきなり波乱の船出となった。「内定してすぐにごあいさつに伺いたいとお願いしていましたが、引き継ぎのためにお会いいただける方向で調整していただいている」

 幹事長職の引き継ぎなしに、記者会見に臨んだ枝野氏は、「重責を重く受け止めており、不安でいっぱい」と弱気節で切り出した。さらに「学ぶべき事は多い」と小沢氏を持ち上げる場面も。しかし実際に打ち出したのは、小沢氏との決別と言えそうだ。

 「(政治とカネは)クリーンにやってきている」と強調。「きょうを限りに、企業団体献金を(もともと)少額だが受け取らない」と表明した。さらに小沢氏が定めた「陳情窓口の幹事長室一元化」に一定の評価を与えつつ「誤解を招いた」と改善を明言した。

 「(行政刷新担当相として)行政の透明化を進めてきたが、党運営も透明でないといけない」。政策調査会が廃止されたり、小沢氏の「鶴の一声」だった党運営からの変革を掲げ「記者の皆さんにも丁寧にわかりやすく話したい」と、剛腕との決定的な違いも口にした。

 夜にはNHKの番組に出演し、参院選の改選2人区の複数候補擁立方針について「共倒れのリスクが非常に高いところもある」と述べ、地域事情に応じて見直しもあり得るとの考えを示した。

 両院議員総会後、各議員らは「もう親小沢も反小沢もない」と口をそろえ、表面上は“ノーサイド”だが、小沢氏に近い若手・中堅で作る「一新会」はこの日朝、会合を開いた。「今はじっと耐え忍ぶとき。人事についても文句を言うのはやめよう、という雰囲気だった」と出席者。裏を返せば「雌伏の時」。ある小沢氏側近は「今度の代表戦(9月)は絶対に動く。小沢グループで首相を作る」と息巻いた。

 両院議員総会に出席した同グループの議員の中には、枝野幹事長就任に拍手をしない議員や、登壇をちゅうちょする党幹部も。そして小沢氏は姿を現さなかった。「新体制には協力しない、ととられても仕方がない」と関係者。自身が擁立に深くかかわった候補者を中心に全国を飛び回り「小沢軍団」と呼ばれる個人秘書もてこ入れを続けるという。

 新生民主はスタートから、党内の埋まらぬ溝と、小沢氏の存在感が結局、際だつ形になった。

 【関連記事】
菅内閣の全17閣僚内定
脱小沢「菅執行部」体制が発足
菅氏行きつけ喫茶店に「ナオトぞうすい」
期待「菅」57・6%!民主再生へ支持率アップ
菅直人 民主党 両院議員総会 を調べる

ルイ・ヴィトン1千万円相当詐取か カード端末機不正操作の男逮捕(産経新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
消費税含む税制改革・法人税下げ…民主公約(読売新聞)
陸自ヘリ、今秋派遣 スーダンPKO、月内に準備命令(産経新聞)
菅首相の所信表明詳報(4)「『強い経済』『健康大国』…の実現」(産経新聞)
スポンサーサイト

<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)

 連立政権からの離脱を決めた30日の社民党全国幹事長会議。「当然」が多数意見を占め、反対や慎重意見を表明したのは新潟県連などわずかだった。離脱派が圧倒的多数を占める中、「急がない方がいい」と考えながらも意見を表明できず、複雑な表情のまま会場を去る県連幹部の姿も。今夏の参院選、さらには今後の党勢への影響はどうなるのか。連立政権発足から8カ月。社民党は大きくカジを切った。【曽田拓、福永方人、袴田貴行】

 会議は東京都内のホテルで約3時間にわたって行われた。報道陣に公開された冒頭のあいさつ。白いスーツ姿で臨んだ福島瑞穂党首は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を「社民党の一丁目一番地」と位置づけ、罷免に至る経緯を説明。会場内からは拍手がわき起こった。

 沖縄県連からは、仲村未央(みお)書記長が発言。「辺野古移設断念を求める意思を党首が貫いて党全体で確認したことが県民を勇気付け、励ましている。この方向性を完全に否定された罷免を受けては当然離脱ということになろう」と、離脱を支持した。

 出席者によると「9割方は離脱支持」。その中で、今夏の参院選で改選議員を抱える新潟県連の田上敏幹事長は、会場で報道陣に対し、「政権離脱は、行き過ぎでは。(民主、国民新との)3党間で基本合意している政策の達成への努力と、憲法を変えさせないためにも政権にとどまり、引き続き頑張っていくべきではないか」と慎重姿勢を示した。

 滋賀県連も内部では離脱は慎重にすべきだとの意見が多数だったが、小坂淑子県連代表は「連立維持は少数意見で、(会議で)発言できなかった」。「福島さんの行動はとてもよろしい。しかし、社民党の党員数、力量など地元の状況を考えると、滋賀の場合、離脱は急がない方がいいという方向に傾いた」と、現状や今後への不安を漏らす。

 また、今回の離脱決定で、次期参院選に影響も懸念されるが、選挙区に前衆院議員が出馬予定の岸田清実・宮城県連幹事長は「影響は特に考えていない」。

 同様に選挙区で前衆院議員が立候補する埼玉県連の中山茂幹事長は「平和の問題という社民の基本中の基本で、党として筋を通したということでいけば、市民の支持は得られるのではないか」と、強気の見方を示した。

【関連ニュース】
毎日世論調査:福島社民党首罷免「適切」56%
毎日世論調査:鳩山内閣支持20% 退陣すべきだ58%
社民党:鳩山政権と一定の距離置く 連立離脱を決定
毎日世論調査:辺野古移設に反対84% 沖縄県民対象
社民党:連立政権離脱を決定 全国幹事長会議

<内々定取り消し訴訟>会社に慰謝料支払い命令 福岡地裁(毎日新聞)
Kiss-FM譲渡先に新会社「兵庫エフエム放送」(産経新聞)
<社民党>普天間移設の政府対処方針に反対 閣議署名も拒否(毎日新聞)
エルメス専門店で出店荒らし、被害2千万円 大阪(産経新聞)
橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)
プロフィール

かなやましげのり

Author:かなやましげのり
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。